読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すらすら日記。

すらすら☆

何のためにどうやって論文を書くのか。

本日のお題はこちら。

論文ゼミナール

論文ゼミナール


時々モチベーションの維持と新しい視点が欲しいがために、研究技法やノウハウ的なものを紹介した書籍を読んでおります。
著者の佐々木健一先生は「美学」専攻だそうですが、恥ずかしながら「美学」なるものがいったいなんなのか知りませんでした。*1


「なぜ論文が必修課題とされているのか」「論文とはなにか」「設計の仕方」などから始まります。
また、「論文とモラル」という1章を設けて、コピペがなぜいけないのか、正しい引用の仕方を丁寧に説明しております。
後半は少しだけ技法的な話も入りますが、「簡単に答えが見つからないようなものこそが、真の疑問」「あなた自身の感じた疑問だけが、あなたの問題意識」など、ところどころにきらりと光る論文を書く上での前提・心構えのヒントがちりばめられています。

私が勉強しているのは主に税法や会計学、金融なので、分野はまるで違うものの、たくさんの示唆を得られました。


本書は主に学部の卒業論文がターゲットのようですが、社会人でも「何かを学んで、まとめて書く」仕事がある方もぜひお勧めしたいと思います。

*1:本書を読み終わってもまだわかりませんw

すらすら日記。は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。