読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すらすら日記。

すらすら☆

売れる前の苦しみと、売れた後の喜び。その後の・・

本日のお題はこちら。

狭小邸宅 (集英社文庫)

狭小邸宅 (集英社文庫)

不動産クラスタ・金融クラスタで課題図書として話題になっておりましたので、私も手に取ってみました。

今はいわゆるバックオフイス勤務ですが、10年以上前にはふつうに営業現場におりました。

金融の営業現場でも、いろいろな営業ノルマがかかるわけでして、定期預金□百万円、住宅ローン●百万円、クレジットカード×枚とか。
私が営業にいたのはずいぶん前でしたので、当時はありませんでしたが、今だと投資信託●●百万円販売、年金保険△△百万円販売で、手数料収益××百万円とかあるんじゃないでしょうか。

個人向け営業だとこんな感じで、法人向けだと新規融資開拓×件、融資新規○億円とかいろいろな目標があるものと思われます。

いずれも簡単にクリアできるものじゃなくて、あの手この手で工夫しないと達成できなかったですね。
で、達成できないと上司から「詰め」をくらうわけです。

「どうやってあと○百万円収益積み上げるんだ!あてはあるのかっ」
「達成していないのはお前だけだ!一人でチームの足を引っ張るのかっ」

などという感じ。

私はどちらかというと「詰め」をくらって苦しんだ記憶はありません。
ぜんぶの目標を毎回、クリアできたわけじゃないんですが、時代としてものんびりしていたのでしょう。*1

金融といってもいろいろですし、厳しいところは灰皿や四季報が飛んでくるそうですが、金融よりさらに過酷なのが不動産業界であると聞きます。

小説ですので、ネタばれになるような本の内容の紹介はいたしません。

本書を読んで、少し昔のことを思い出しました。
不動産・金融に限らず、営業経験のある方も無い方もぜひ。


*1:実際は苦しかったんですが、過去は得てして美化されるものなのかもしれません。それでも、辞めすに生き残っているという事実は動かせません。

すらすら日記。は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。