読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すらすら日記。

すらすら☆

「会計入門」の一歩先を学ぶために。(その3)

さて、第3回です。
会計入門でも、やや専門寄りの本というリクエストでしたので、その方向で続きます。

複式簿記は技術であり、その技術の背後には会計学の理論があります。
財務会計の理論といいましても、私が学んで実務に適用してきたのはあくまで制度会計と言われる、法や規則で従うべきとされる会計の理論であり、純学問的なものではありません。

制度会計は、
財務報告を作成するために直接の利用者する企業、
財務報告を監査する公認会計士たち、
財務報告を読み分析して企業に資金を投じる投資家、
それを規制・保護しようとする監督官庁や証券取引所
あるいはそれらに影響される/影響を及ぼしたい政治家など、

多種多様な利害関係者に囲まれております。
制度会計は、それら利害関係者の間で議論され、様々な駆け引きを経て制定され、改正されていきます。
そのため、制度会計で使用されている財務会計の理論は、全体が整合している美しいものではありません。
それでも、制度の理論を知らなければ議論にすら入れません。

その制度会計である財務会計テキストで、やはりお勧めしたいのはこちら。

財務会計講義(第16版)

財務会計講義(第16版)

毎年改定されます。わずか450ページ弱の簡潔なテキストですが、企業会計原則からはじまって組織再編や連結までカバーしています。
これに書かれている内容をすらすら説明できるようになれば、会計をマスターしたといえるのかも。

とは、いいましても「財務会計講義」は簡潔なテキストであり、こちらで補っています。
こちらは公認会計士試験用の受験テキストのようですが、1・2巻に分かれていてかなり詳しく説明されております。

スタンダードテキスト財務会計論?・基本論点編(第9版)

スタンダードテキスト財務会計論?・基本論点編(第9版)

スタンダードテキスト財務会計論?・応用論点編(第9版)

スタンダードテキスト財務会計論?・応用論点編(第9版)

こちらはかなり難しいので、財務会計講義を読み込んで、だいぶ理解できてきた、という方でないとお勧めはできません。

いうまでもありませんが、基準書はしつこくめくりましょう。

会計監査六法 平成27年版

会計監査六法 平成27年版


続きます。(次回、IFRS編。)

すらすら日記。は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。