読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すらすら日記。

すらすら☆

「詰んでいる日々」を安寧に暮らすか、荒海に放り出されるか?

チラシの裏

S君は時代が昭和から平成へ代わる頃。
そう、バブルの終る頃に社会人になりました。

大量採用の時代だったので、同期入社は多かったのですが、どんどん辞めていって、気づけば残っているのは半分ちょっとくらいでしょうか。

さて、S君も40代後半にさしかかり、昔であればもう管理職になってもいい年代です。

ところが、定年延長や再雇用制度の影響もあり、まだ管理職の中心は50代後半から60歳近くの方々ばかり。
その上の偉い人( )になるともう60歳を過ぎたおじいちゃんばかりです。

また、政府からの「指令」に応えて女性管理職の数値目標まで出てきました。

人口減少が続く中、会社自体の成長なんて望めず、営業拠点が少しづつ減り、組織がどんどんフラット化して管理職のポストは減る一方です。

S君は、自分の能力や社内での評価も考え、これはもう無理だな、と感じました。

悪いことは重なりまして、S君の下の30代後半から40前後の社員は、就職氷河期世代で極端に人数が少ない状態です。
S君は、もう時代についていけないおじいちゃん管理職に「決めさせる」ための「ご説明」をしつつ、現場仕事も掛け持ちして手を動かさなきゃなりません。


どっちを向いても、「詰まって」いることは明らかです。

ふと、昔、興味本位で読んだ「希望は、戦争」という本を思い出しました。

どんづまりの社会の閉塞で絶望する方が、社会の流動化を起こすために戦争を望む、なんていうあれですね。

いえいえ、戦争なんか起きなくても、かつては無風であったS君の業界にも再編の圧力がひたひたと押し寄せてきています。
他業界ではもう当たり前になった事態が、ようやく迫ってきているようです。

嵐が起きれば、弱い順番に船から振り落とされて荒海に放り出されるとか。

希望の無い詰んでいる日々の中で生きるか。

それとも・・

S君の選択はどうなるのでしょうか。



すらすら日記。は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。