読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すらすら日記。

すらすら☆

「囲い」にいったん入れば、ダメダメでも配慮されるというお話。

人々はその持てる能力や財産にかかわらず平等であり、人として尊重されるべきというのが社会の建前になっています。

仕事の能力が乏しいA君に対しても、上司や同僚は一定の配慮を行わなければなりません。
仕事ができないからといって、A君の気持ちを無視したり、A君を飛ばして頭ごなしに仕事を進めたりすれば、A君は自尊心を傷つけられてしまうことでしょう。

なので、わざわざ手順が増えることになったり、仕事の成果物の水準が怪しくなるとしても、その「仕事できない」A君を無視したりすることはできないのが現実です。

企業など、何らかの組織という「囲い」に一度入ってしまえば、この構図に保護されます。

一方、同じ社会の中で暮らしていても、最初から「囲い」に入れない方、「囲い」から放逐された方は、もはや人間として扱われないような場面も。
さらに、「囲い」は少しづつ弱くなり、狭くなっているようにも思われます。

自分の入っている「囲い」はだいじょうぶでしょうか。

私は、個人的には能力が乏しいA君でも配慮してもらえる社会が望ましいと考えます。

持っている「能力」がいつ無価値と断じられ、排除されてしまうか、誰にもわかりませんから。



すらすら日記。は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。