読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すらすら日記。

すらすら☆

変えられない他者への「こうあるべきだ」についてのお話。

自分には関係しない他者の生き方について、不道徳だ、けしからんとか論評している場面をよく見かけます。

私自身は他者に興味が薄いのか、直接、自分に害が及ぶことがなければまるで無関心ですが。

仕事をしている場面で、それぞれの仕事に対する姿勢はバラバラで、まるで不熱心で不真面目にみえる方もおります。

昔は、「ちゃんとやってください!」と他者を強いて姿勢を変えさせようとしたこともありました。

社会人に成り立ての新人ならば、少しは改善の余地があるかもしれませんが、もう中年以降、特に40代~50代ともなれば、人間は変わるはずもないことに気付くようになりました。

向こうは向こうで、「たかが仕事」なのだから、もうちょっと手抜きをしようとは誘ってはきませんでした。

となると、私の「こうあるべきだ」は実に一方的だったのかもしれません。

できることは、他者を変えようとすることではなく、他者は他者でそのまま受け入れ、自分はそれに対してどう、対応できるか考えること。

そのことに気付くのにずいぶん長い人生の時間を要したかも。

いえ、まだ時々、けしからん!こうあるべきだ!!などと言ってしまうこともあります。

さて、どうしたら、変えられない他者のあるがままを受け入れられるようになるのか。

また、考えることとします。



すらすら日記。は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。