読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すらすら日記。

すらすら☆

論理では説得できない相手に変化を求めるためには・・というお話。

決められた時間に会社に来て、引継されたと同じ手順で仕事をこなし、定時の鐘の音と同時に退社する。

仕事自体に刺激を求めるのでなければ、こういう環境は理想的なのかもしれません。

時に、その日常業務が外部環境の変化や法令・制度の改正で、不整合・非効率になってしまっていたりしても、スタッフだけではそのことに気付くこともありません。

それを指摘して、業務フローを変えようとすると、日常が乱されるように感じるのか、激しい抵抗を示したりします。

たとえ、その指摘を受け入れて、新しい業務フローを変更した方が仕事が効率化し、自分自身が楽になるとしても、変化を拒否する。

そういう傾向があるのではないかと観察しております。

そういう方に対し「視野が狭い」などとと捉えて、強圧的に変更を求めるというのは得策ではありません。

ヘタをすると、感情的に反発してサポタージュを始めたりしかねませんし。

現実には、相手の反応を見つつ、短期的な非効率は許容したうえで、少しづつ変更を求めて行くしかないでしょう。


経済合理性や論理では動かない。


そういう存在に対し、今日も悩むのです。


すらすら日記。は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。