読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すらすら日記。

すらすら☆

世の不幸は、「選択して」受けとめています。

世の中では、今日もどこかで心無い言葉で傷付けられたり、酷い運命にあって怪我をしたり、はたまた不運にも若くして死んでしまったりする方がいます。

TVではそんな「かわいそうな出来事」をわざわざ盛り上げる効果音楽までくっつけて、繰り返し流してきます。

インターネットでも、そんなニュースが取り上げられ、SNSではみんな同情したり、怒りをみせたり、たくさんの方から発露された感情の波が押し寄せてくることも。

また、身近な職場や家庭でも、「こんなひどい仕打ちを受けた」「こんな信じられない振舞いをする人がいた」というような愚痴や憤慨の声を聞かされることもあります。

これを全部、正面から受け止めて悲憤慷慨し、同情して感情を揺すぶられていたら、自分自身まで、傷付いて疲れきってしまうことと思います。

なので、家族とか、大切な友人であるとか、そんなごく限られた方の声だけには共感して同情したり、怒りを共有したりして、慰めの言葉を掛けたりもします。

そして、それ以外の方々の運命について、いちいちは受け止めず流してしまうようにしてます。

冷たい、のかもしれません。

でも、自分の心が受けとめられる範囲・量はごくごく小さいようです。

自分までが壊れてしまわないように。

受けとめて共感する不幸を小さく選択することで、身を守っています。


すらすら日記。は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。