読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すらすら日記。

すらすら☆

諦めて、自分の職務範囲を限定してしまう中高年社員について。

わが国の職場は、それぞれのスタッフの職務範囲が不明確、つまり「ここまでやればいい」というラインがあいまいなため、際限なく仕事が降ってきてブラック化してしまうとも聞きます。

逆の方向で、中高年社員に多いのですが、正社員であるにもかかわらず「自分の仕事はここまでだから」と自分一人で勝手に決めてしまい、それを超えることは上司の指示があろうともぜんぶ拒否する、という現象も観察されます。

このように、自分で自分の職務範囲を独自の見解をもって狭く狭く決めつけてしまう類型は、昇格昇進が望めなくなっている年次の中高年社員に多いのではないかと。



周りにいる若いスタッフは、成長しようと新しいことにもどんどん挑戦している。

でも、勝手に諦めている中高年社員は、挑戦どころか、自分の独自の職務範囲から一歩でも外れると拒否してしまう。

もはや、新しいことを覚えるつもりも無くしてしまったのでしょうか。



その人も、若い頃は仕事に燃えていたのかもしれません。

それとも、最初から「俺は出世には興味はない」とか言って斜に構えていたのかも。


過去に戻ることはできませんので、その辺りの真実はわかりません。


仕事に対する価値観は人それぞれ様々です。

でも、私個人としては、あんな風にはなりたくないな、と観察しております。




すらすら日記。は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。