読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すらすら日記。

すらすら☆

永遠の命「火の鳥」が人間の営みを見つめている。というお話。

追記(11月4日18:00) 50%OFFセールは終了したようです。ご注意ください。

手塚治虫の漫画「火の鳥」がkindle化され、半額セール(全16巻で約2,300円)となっておりました。*1
あまりに懐かしくご紹介を。

その生き血を飲めば永遠の命を得られるという「火の鳥」。
ストーリーは、人間が、火を手に入れて文明を築く前の時代から、女王卑弥呼の時代を経て、仏教が伝来し文化が花開く時代。

ある時代では、古代の霊的な世界に対する侵略者であった仏の教えが、次の世界では人々を救う思想となるものの、次には権力と結びついて人々を苦しめる。

やがて、宇宙に進出して星間飛行をできるようになる頃まで。
あるいは、文明が衰亡してやがて核戦争が起こり、人類は跡形もなく消え去ってしまった世界まで。

人間は火の鳥の生き血を手に入れようとして醜く争ったり、
あるいは永遠の命を手に入れたものの、死ねなくなることに苦しんだり。

火の鳥は、そんな人間の営みに介入したり助けたりはせず、ずっと見守っています。


印象的な場面はいまでもセリフまで覚えています。

ある場面では、主人公が名誉欲に取りつかれて焼け死に、気づいたらミジンコに輪廻転生してお魚に食べられてしまいます。
その次の場面では、池の亀に生まれ変わります。

火の鳥に呼びかけられて応えます。

「ニンゲン・・さあ、わかりません」


文明が衰亡した未来では、希望を失った人類を嘆くこんな場面も。

「人々は、やたら昔を懐かしがっています。」

・・現代の日本を描いているようです。



中高生のころから何度も読み返して、どれほどの影響を受けたかわからない作品です。

年齢を経て読み返すと、また違うことを感じるかもしれません。

あらゆる世代の皆さまに、ぜひ。


*1:27年10月31日午前10時現在です。kindleのセールは予告なく終了することがあります。購入の前には価格をご確認ください。

すらすら日記。は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。