読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すらすら日記。

すらすら☆

締め切りについての感覚が異なる方々との仕事の進め方は?というお話。

何事も念入りに準備して、締め切りまでにきっちり仕上げてくる方というのは稀でして、たいていの方は、期日間際になってあわてて着手し、精度を低い成果物を投げつけてくることが多いのではないかと思われます。

それでも締め切りに間に合わせようという気持ちがあるだけでそういう方はまだ良い方でして、ひどい方になると期日を経過して、催促の連絡が入ってからどっこらしょ・・という場合も。

その場合も、まずはタバコを一服し、コーヒーを淹れ、机の上をきれいにしてから・・って何の儀式でしょうか。

たまに、事前準備ときっちりやる方が、最後の期日経過後に催促を受け儀式をこなしてから始めるという方と一緒のチームで仕事することになると・・



前者は、「いつ始めるか」と思ってやきもきイライラ。

つい、期日前に「進捗どうですか」って探りを入れたり。

後者は、「まだ期日じゃないのになんで言われるのか」と感じてイラッ。

これでは、互いにストレスが溜まりまくりで、仕事の成果も良くないものになりそうです。


管理職+プレイヤーとして、チームを率い、締め切りについての感覚が異なる、いろいろなタイプのスタッフの進捗管理をしなければならず、どう対応したら良いのか悩んでいる方は多いのはないでしょうか。


私も何か、ヒントを探しております。

先日、この本を勧められたので、一読してみようかと思います。


すらすら日記。は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。