読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すらすら日記。

すらすら☆

無能な中高年を解雇して未来ある若者を、という一面の正義の前に。

チラシの裏

「無能な中高年の雇用を続けるくらいなら、そんなのはクビにして未来ある若者のために席を譲るべきだ」という意見も耳にします。

確かに、周囲を見回しますと、もはや職業能力の向上は見込めず、実際に何らやる気のない中高年従業員はゴロゴロいます。

やる気がないだけならまだしも、仕事の邪魔ばっかりして、物事が進まない原因を作り出しているような方も。

こういうのが積み重なって、会社全体、いや日本社会全体の低生産性の原因になっているんだな、と思いますと、暗澹たる気持ちに。

そんな中高年社員も、家に帰れば家族があり、子どもがいたりするんでしょうか。
「未来ある若者」というやつですね。

中高年社員を「無能だ」ということで解雇すれば、再就職もままならないでしょう。
その家庭の「未来ある若者」まで運命を共にすることになります。

じゃあ、子どもがいない「無能な中高年」を選別して解雇しますか?
なんだか、おそろしい社会が到来しそうですね。

それに、誰が解雇する順番としての「無能さ」を決めるのでしょうか。
決定権を持つのはおそらく、「無能な中高年」自身でしょう。
今だって、無能なのに権力を持っているおじいさんはたくさんいます。

おそらく、正義をなす前に、考えなきゃならないことがたくさんあるのでしょう。
それを考えずに、能力に応じた雇用という正義をなそうとしたら、地獄が現出しちゃう結果になりそうです。



すらすら日記。は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。