すらすら日記。

すらすら☆

租税法研究「はじめの一歩」に読むべきテキストについて。

お題箱経由で質問がきましたので、お答えします。
大学で租税法のゼミに入りたいと考えています。租税法を学ぶ上でまずこれは読んでおくべきというものがありましたら教えていただけると嬉しいです。

学部3年生でこれから租税法ゼミということであれば・・まずは租税法概説、所得税法法人税法から学ぶのではないかと思います。

ゼミの指定テキストがどの教授の手になるものになるかはわかりませんが*1、共通して基礎を作れるテキストをいくつか・・

①導入編

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

超入門コンパクト租税法 [ 木山泰嗣 ]
価格:2592円(税込、送料無料) (2017/10/8時点)


法学部で憲法民法、刑法など基本的な法学を勉強してきた学生が、専門課程で租税法を選択して学習を始めよう・・という時にいちばんやさしく学べるテキストです。
著者は税務訴訟を専門とする弁護士の木山泰嗣氏。青山学院大学法科大学院教授でもありますね。
話し言葉で平易に書かれていますし、250ページ弱しかありませんのでサクッと読めます。
租税法の「考え方のサワリ」を理解できます。

②入門編その1

租税法入門 (法学教室ライブラリィ)

租税法入門 (法学教室ライブラリィ)

kindle版もでました東京大学の増井良啓教授による「租税法入門」です。
もとは雑誌「法学教室」に連載されていた租税法入門の記事をまとめて編集したものですので、学部生向けの入門向けテキストとして相応しいかと。
しかし、入門=易しいではなく、かなり考え抜かれて厳密に書かれていますので、すぐには理解できなくても時々振り返って読み直すと新たな発見が得られるテキストだと思います。

③入門編その2

プレップ租税法 第3版 (プレップシリーズ)

プレップ租税法 第3版 (プレップシリーズ)

まさに学部3年生がゼミを選ぼうとするときに・・という設定で会話形式で進みます。これから同じく佐藤英明教授の「スタンダート所得税法」にも進めます。

④入門編その3

よくわかる税法入門 第11版 (有斐閣選書)

よくわかる税法入門 第11版 (有斐閣選書)

おなじくゼミが舞台ということになりますこちら。毎年、改訂版がでます。私の通った大学院の学部ゼミでもこちらがテキストになっていましたね。

⑤ちょっと応用編

租税法 (有斐閣アルマ Specialized)

租税法 (有斐閣アルマ Specialized)

今月出たばかりの岡村忠生京都大学教授の「租税法」です。
基本書ではありますが、入門書ではありません。
端書きにこうあります。

基本的であることと理解が容易であることはまったく無関係である。・・本書は妥協を排してて理論的に詰めた記述を目指した。・・一読すると難解と思われる箇所が生じているかもしれない

はい、かなり難しいです。岡村教授の執筆している第1章の概説部分が「何を言っているのか」が理解できるようになれば、入門者レベルを卒業できた、ということになるかと思います。

これらはいずれも法学分野としての租税法の入門書です。
税務申告実務を行うための計算規定については学べません。
それは会計学の一分野としての税務会計分野になりますので、また別の入門書がありますので、ゼミで学ぶことを確認の上、お選びください。


*1:通説である金子名誉教授(東大系)、清永名誉教授にはじまる京都大系の岡村教授などの学派がありますね。それぞれ微妙に学説に違いがあります。

巨大企業崩壊の悲劇は、一直線には進まないはず・・

本日のお題はこちら。

東芝の悲劇 (幻冬舎単行本)

東芝の悲劇 (幻冬舎単行本)

東芝については、「不適切会計」という奇妙な言葉から始まった不正会計に端を発し、原子力事業失敗に関連する巨額損失や経営迷走について、多くの本や記事が書かれてきました。

私もぜんぶではないにせよ、かなり読んできましたが・・

最初は、企業会計のテクニカルな話題から始まった東芝に関する書き物の種類は、

記者の個人的な価値観に基づいて歴代社長の人格非難に終始する感情的なもの、

会社法改正や東証ガイドラインなどの企業統治=コーポレート・ガバナンス改革の無力さ、

原子力事業をめぐる政治や官僚との暗闘を描くもの・・

それぞれの筆者の、それぞれの関心ポイントにより、文章の焦点の当て方は様々であり、なかなか東芝の崩壊に至る道筋は見えてきませんでした。


本書は、西室社長就任からはじまります。

米国の原子力事業会社ウェスティングハウス社WECの買収を三菱重工勢と競って「高値掴み」してしまいますが、買収価格を正当化するために強気の事業計画を立てるも、震災と福島第一原子力発電所の事故で一気に見通しが悪化。

原子力事業の損失計上を避けるため、あるいは損失を穴埋めするために強引な「チャレンジ」を強いていきます。

西室氏に続く4代の社長の焦り、財界への執着、功名心など、今日の崩壊に至るまで一つのストーリーとして帰結していくように描かれ、東芝の悲劇は避けられない必然だったのか・・とも読めました。

複雑な事件には意外にも簡潔な原因があり、一直線の崩壊へ帰結。

小説や映画なら、これでいいのかもしれません。


しかし、本書では脇役としか登場しない様々な人たちの役割や責任はどこにいったのでしょう。

東芝社内の幹部たち、三菱重工などのライバル企業、粉飾見逃しの責任追及を避けたい新日本監査法人、粉飾隠蔽の助言行為をしている疑いがあるデロイトトーマツ独占禁止法逃れスキームを構築する法律事務所、原子力事業をなんとかしたい経済産業官僚・・

それぞれの人々の思惑が複雑に絡み合って、悲劇は演じられているのではないでしょうか。


多くの事業・子会社を切り売りした東芝は、もはや従前の姿からは別の形に変わりつつありますが、半導体事業の売却についてはまだ終わっていません。

東芝の悲劇」も、まだ「完結編」ではないのでしょう。

ぜひ、続編を期待したいと思います。

こちらも合わせてどうぞ。
twitter.com

sura-taro.hatenablog.com

sura-taro.hatenablog.com


世界はより不平等になっている?

本日のお題はこちら。

大不平等――エレファントカーブが予測する未来

大不平等――エレファントカーブが予測する未来

本の表紙をご覧ください。

象が長い鼻を伸ばして持ちあげているかのようなグラフが描かれています。
これは、1988年~~2008年、ベルリンの壁崩壊のちょっと前から、リーマン・ショックで顕在化した世界金融危機までの間の時間軸で、世界の一人当たりの実質所得の伸びを、所得階層ごとに表したものです。

このグラフは、その形からエレファント・カーブと呼ばれます。
グラフが示している、象の鼻の先の部分は、所得階層のいちばん上にいる欧米日など先進所得の富裕層の所得の伸びです。
大きく所得を伸ばしていることがわかりますが、その絶対人数はとても少ないです。

象の頭の部分は、中国、インドなど新興国で従来、貧しかった人々が経済成長の恩恵を受け、大きく所得を増やしています。

象の鼻が地面について、垂れている部分。所得がぜんぜん伸びていない階層。
ここが、欧米日などの中間・下位所得層です。

1980年代末に冷戦が終わり、情報通信技術の発展と人の資本の移動の自由化=グローバリゼーションで世界はより豊かになりました。
しかし、経済成長の恩恵はすべての人々に平等に分け与えられたのではなく、富裕層がその半分弱を取り、残りは新興国がとり、先進国の中間下位所得層はよくて現状維持か、あるいは逆に所得を減らしています。

世界の不平等は、国と国の比較では解消に向かっている場合もありますが、それぞれの国の内部では中間層が所得を減らす一方で、富裕層への集中化が起きている。

経済成長が続いていた過去においては、分厚い中間層がいて、左右の過激思想を忌避して安定して統合された社会を維持されていました。

成長の配当の歪みで、安定した社会が維持できなくなり、社会が分断されて過激主義思想が広がっているという現実があります。

本書は、様々なデータを示して、この現状と原因を探っております。

難しい数式は登場せず、グラフと文章だけで論が進められますので、ごく初歩的な経済学の知識があれば、興味深く読み進められることと思います。

最後の章で、今後、世界の不平等は解消に向かうのか、その方法は何かについて簡潔に述べられています。
著者のミラノヴェィッチの見解は、あまり楽観的なものではありません。
教育投資と資産の相続で、不平等な状態が親から子へ固定されて受け継がれており、それを解消するのは政治の力でも難しいし、教育機会の均等化でも難しいと。

日本でも、政界も財界も親から子へ受け継がれる王朝化が進んでいる米国ほどではありませんが、富の集積が進みそれが相続されていくという現実があります。

富裕層の子は、富裕層のまま。
貧困層の子は、貧困層のまま。

政治の場で議論されている大学無償化などの改革では、これを解消するのは難しそうですが。
本書には、現実がどうなっていて、どうすればいいのかについて、考えるヒントがちりばめられております。

世に流布するポジショントークの波から離れて、不平等の問題を考えるたい方に、一読をおすすめしたいと思います。

こちらも合わせてどうぞ。
twitter.com



怒りの感情はどこへいくのかという疑問について。

おとぎ話の中の聖者様ではない、生身の人間は、誰しも何らかの怒りを抱くことがあること思います。

でも、その怒りをまったく抑えずに感じたままに言葉に出したり、文章に書きだしたりすると、

「あっ、自分はこういう怒りを覚えているのだ」という再確認が起き、

さらにネガティブな感情が再生産されてしまうのかもしれません。

自分で再生産した悪い感情にあてられて、さらに増幅され、ますます怒りが大きくなっていく。

さらに、怒りから発せられた言葉は、その声を聞き、文章を目にした他者の感情まで害して、悪い感情がどんどん広がっていく。


逆に、カッときたら深呼吸して落ち着けば怒りがスッと消えていくとも聞きます。

この場合、怒りの感情はどこへいったのでしょう。

怒りを呑みこむという言い方もあります。

消えずに、腹の中に溜まっていき、いつか爆発してしまうのかも。

その閾値、限界の境い目はどこにあるのかと。


SNSで毎日毎晩、怒りをあらわにしている人々の言葉を見かける度に。

怒りの感情は呑みこんだらいいのか。発散させたらいいのか。

そして、その感情はどこまでいってしまうのか。

そんな疑問が頭をよぎるのです。



「財務会計講義」で挫折しちゃった方でも読めそうな会計入門。

財務会計を学習するための定番の基本書として「財務会計講義」があります。

確かに良いテキストなのですが、約500ページとかなりのボリュームがあります。
内容的にも、上場企業等が適用する会計基準がその仕訳例も入れて解説されていますので、初学者が読みとおすにはなかなかハードルが高いです。

同じ桜井久勝先生の入門書として、こちらを紹介したします。

財務会計・入門 第11版 -- 企業活動を描き出す会計情報とその活用法 (有斐閣アルマ)

財務会計・入門 第11版 -- 企業活動を描き出す会計情報とその活用法 (有斐閣アルマ)

こちらは、300頁弱で財務会計の全体をカバーしていますが、財務会計講義の要約版ではありません。

冒頭のところに複式簿記の構造が5ページほど使って説明されいますが、本論部分では仕訳を使わずに図式で貸借対照表と損益計算書等の構造が説明されており、仕訳が出てくると拒否反応を起こしてしまう会計初学者でも読めるのではないかと。

さらに、最近の企業活動の国際化、グループ経営化に対応して、一般的な会計入門テキストでは省かれていることも多い外貨換算会計、連結会計、企業結合についても説明がなされております。

また、IFRS国際財務報告基準)の動向や、会社法による剰余金の配当の計算など制度的な話も。

最後の章では、20ページほどですが、ROAROEの意味や計算方法をはじめ、初歩的な財務諸表分析の知識も解説されておりますので、経理部門以外の方で会計の知識が必要な方にも役立つかと思います。

もちろん、入門書ですのでこれ1冊だけでは会計の知識を全部習得できるというものでありませんが、このテキストが理解できたら、それぞれの学習の関心や仕事での必要性に応じて中級~上級のテキストへ進むことができると思います。

財務会計講義」を買ってはみたが、読みこなせなかった・・という方はまずはこちらから読んでみてはいかがでしょうか。


「経済全般の事を理解する」ための3つの大切なことについて。

「お題箱」経由でご質問が来ましたので、こちらでお答えしてみます。

お題 こんばんは。経済全般の事を理解する...

経済の事を理解したいと思って、何か本を読んでみようとアマゾンを検索してみます。
そうすると、世界経済全般を読み解くと称する、立派な髭を蓄えて堂々と腕組みをした経済評論家や、紫色の髪を持つ眼光鋭い大学教授が表紙を飾る本が目につくことと思いますが・・・最初にそういう本を読んでしまうと、トンデモの沼にハマりこむことに。

トンデモに落ち込まなくても、巷には人々を説得しようとする経済に関する「もっともらしい話」が溢れております。
経済に無縁で生きていくことはできませんから、「もっともらしい話」についてその適否を考え、「経済全般の事を理解する」ために、私としては3つの大切なことがあると思います。

こちらです。

①経済学の基礎的な考え方を理解する。
②概略データは把握しておき、詳細データは信頼できる一次情報源を確保しておく。
③何か一つでも自分の専門分野を持つ。

以下、詳しくお話いたします。

①経済学の基礎的な考え方を理解する。
「Aをすれば、Bという効果があるはずだ!だからAをやろう」という話を聞いた時に、その適否を考えるためには、経済学の基礎的な考え方を理解しておかなければなりません。
現実の経済社会はおそろしく複雑で、ある経済行動が狙い通りの結果をもたらしてくれるというのはなかなか難しいものです。
経済学は、複雑な現実そのものではありませんが、その一面をモデル化・理論化したものです。
理論は現実とは異なるといっても、最近は実証研究も盛んで、トンデモ理論は淘汰されていきますので、まずは通説となっている経済学を理解しましょう。

こちらをおすすめします。

価格理論から、市場の失敗、情報の経済学、行動経済学ゲーム理論まで幅広く経済学の第一歩を学ぶことができると思います。

②概略データは把握しておき、詳細データは信頼できる一次情報源を確保しておく。
 「もっともらしい話」には何か数字が根拠として書かれていることが多いものです。
 その数字、本当に信頼できるでしょうか。

 経済に関する数字といえば、GDPから始まり、一般会計に占める社会保障費の割合、所得税法人税、消費税、相続税などそれぞれの税収額、年間の国民医療費、自動車生産台数や輸出額、失業率の定義と推移、奨学金(貸与)の金利と市場金利の関係・・などなど、思いつくままに挙げてみましたが、これらについて、実際の数字とは異なる感覚的なイメージの数字だけで語っている議論が数多くみられます。

 自分の関心がる経済指標や統計データについては概数データを把握したうえで、どこのwebサイトに行けば信頼できる一次情報を確認できるのか、おさえておきましょう。

 そうすれば、「なんかこの数字、怪しいな・・」と感じたとき、根拠を確認してからその適否・是非を判断できることと思います*1
 経済指標の読み方と情報ソースの調べ方については、こちらがコンパクトにまとまっております。

第6版 投資家のための金融マーケット予測ハンドブック

第6版 投資家のための金融マーケット予測ハンドブック

 各国のデータについては、こちらを。

データブック オブ・ザ・ワールド 2017: 世界各国要覧と最新統計

データブック オブ・ザ・ワールド 2017: 世界各国要覧と最新統計


③何か一つでも自分の専門分野を持つ。
 経済というものは、自分の外側に独立して存在するものではありません。自分自身も、その経済というものに参加しておりその一部を構成しているわけです。

営利企業に勤務していたり、営利事業を自営したりすることだけが経済への参加ではありません。
学生、福祉や医療など非営利企業勤務や公務員であっても、社会へ財・サービスを提供したり、お金を使って消費したりしているのであれば、自分も大きな経済の一部になっているわけです。

そのなかで、自分が仕事にしていることや勉強をしていることが、大きな経済でどんな位置づけにあり、どのような社会とのかかわりをもっているのか、詳しく知ることで、「経済全般の事を理解する」ことの手がかりと礎になります。
専門分野というものも孤立して存在しているわけではありません。そこに隣接する分野とのかかわりも理解し、芋蔓式にいろいろな事柄について知ることで、経済全般へ広げていくことができるでしょう*2

少々長くなりましたが、こちらでお題への回答といたします。


*1:データを「読む」ためにはやはり経済学の知識が必要です。わからないことがあれば、経済学のテキストをめくってみましょう。どのテキストが良いかについては長くなりますので、また別の記事にいたします。

*2:なお、専門分野を持てば、残念ながら少なくない頻度で、日本経済新聞をはじめ、経済専門誌といわれる新聞や雑誌にも事実誤認や誤った理解にもとづいた文章が書いてあるが多いのに気づくことができます。これも専門分野を持つべき理由です。

独立起業しつつあるという「幸福な状態」について。

世の中には、会社組織に属している方々に対し、現状に対する不満や、将来に対する漠然とした不安につけ込んで、会社を辞めて独立起業しろと煽ることを職業にしている人物が複数、存在します。

煽りに乗って、なんの準備もなく、甘い見通しで独立起業したものの、事業としてまったく成り立たず消息不明になっている方も多いとか。

常々、なぜ浅くて無責任な煽りに乗ってしまう人がいるのだろう・・と不思議に思っておりました。

そんな時、図書館でこの本を見かけ、「煽りに乗ってしまう人」の心理がわかるかもしれないと思い、手に取ってみました。

会社を辞めずに朝晩30分からはじめる起業 (アスカビジネス)

会社を辞めずに朝晩30分からはじめる起業 (アスカビジネス)


著者の名誉のために言いますが、本書はどこかの扇動家のような煽り本ではなく、ちゃんと準備してから・・ということで極めて常識的なアドバイスが書かれておりました。

本書のなかに、起業セミナーというのが出てきます。起業セミナーというのは、実際に起業して成功した方を講師として、独立志望の方々が講演を聞いてモチベーションを上げる・・というものらしいです。

著者は、起業セミナーに通い詰めるがさっぱり独立しないという状態を「時間とお金の無駄だ」ということで諌めています。
また、異業種交流会の名刺交換なども、時間も懇親会の費用(!)をロスするばかりで、起業にはつながらないと。

本書を読んでから、「起業セミナー」で検索してみました。
そうすると、広告宣伝の次に出てくるのはこちらの記事。
lets-business.com


この記事を読んで、なぜ無責任な扇動家に引っ掛かってしまう人々が後を絶たないのか、そういう扇動が職業(セミナー講師やサロン主?)として成り立つのかという疑問がなんとなく解けました。

その答えは、皆さん自身で考えて欲しいのですが、私としては、前に聞いた、新興宗教の信者になる人々は、同じ人間たちが別の宗教のところをグルグル回っているだけで、その度に騙されて搾取されているという話を思い出しました。

新興宗教は、細かい狭義の違いはあれ、おおむね次のように唱えます。

教祖である私は真理に到達した。
信者たちは選ばれた人間なのだ。
もうすぐこの汚濁に満ちた世界は破滅する。
信じることで別の世界へ行き、救済される。

でも、世界の破滅はやってきません。信者たちは、今度こそ本物の救世主だ、自分が選ばれて救済されると信じて次々と新興宗教を渡り歩く。
起業セミナーに通い高額な受講料を払って一時の起業意欲を刺激され、異業種交流会の懇親会で酔って一時的にカタルシスを得る。

似ているな、と感じました。

一時的にせよ、満足感を得ているのは、救済(独立起業)という結果ではなくて、「救済されつつある、独立起業しつつある」という「状態」なのかもしれない、と。

私としては、根拠の浅い煽りで人々からお金を巻き上げるセミナー講師やサロン主などは、社会にとって害悪であり、その無責任な言動は糾弾しなければならないと思います。

でも、「幸福」が到達すべき結果ではなくて、毎日の暮らしの「望ましい状態」であることも考えれば、セミナー講師やサロン主に搾取されている人々も、主観的には不幸ではないのかもしれません。



すらすら日記。は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。