読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すらすら日記。

すらすら☆

嫌いな人が行う「好ましい行い」を分けて考えることができる?

チラシの裏

生身の人間である以上、完全に公平無私な視点というのはあり得なくて、好きな人と嫌いな人がいます。

嫌いな人を嫌いになるきっかけは、その普段からの言動を見て、自分の価値観や感情からして受け入れらない!となることが多いのでしょうか。

しかし、嫌いな人でも・・

そのふるまいがすべて私にとっての「嫌な言動」ではなく、
たまに私にとって「好ましい行い」と思うことも行うことも。

その時、冷静に「あいつは嫌な奴だが、今度だけは賛成する」というのは感情を持つ以上、なかなか難しいものです。

さらに、その「嫌いな人」は、善意を装って「好ましいと感じられる行為」を演技していることも。
演技だなんて考え過ぎなのかもしれませんが、正義の味方・弱者の味方をする振りをしつつ、自分への利益誘導のために、目眩ましのような行動をする方も散見されるものですから。

社会は生身の人間たちのいろいろな思惑で動いています。

感情のおもむくままというわけではないのですが、完全に公平無私にもなれません。

迷いながら生きて行くしかなさそうです。


すらすら日記。は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。