読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すらすら日記。

すらすら☆

「何を勉強したらいいのかわからない」という問いについて。

仕事で詰まっている様子の方から、「何を勉強したらいいのか、誰も教えてくれないのでわかりません」というセリフを聞くことがあります。

大学生(学部生)までであれば、「勉強しておくべきこと」についてきっちりと学習のカリキュラムが固められていて、課題を順にこなしていけば体系だてた勉強ができ、試験もそれでクリアできてきたことでしょう。

企業組織では、その業界で覚えておくべきことについて基礎的な研修はあります。

しかし、仕事は生きものですから、毎年の制度改正や経済状況により、日々、学ばなければならないことは変化していくことになります。

それぞれの部門の担当分けにより、勉強しなければならない項目は異なる。

なので、大学生までの時とは異なり、企業組織から「勉強しておくべきこと」のすべてが提示され教えてもらえるはずもありません。

とりあえずは、日々の仕事のなかでぶつかる疑問点について一つづつ調べて、理解できるようにすること。

それと並行して、自社の業界のこと(私のところであれば金融のこと)や自分の担当する職務についての体系的な基本書・理論書も読みこんで、対症療法的な勉強だけにならないようにすること。

「読むべき基本書、理論書」については教えてあげているのですが、どうやら開いてもいないようです。

その状態で、冒頭のセリフです。

責任はいつも余所にあって、自分は待っているだけ。

それで自分が自滅するのは関与するところではありません。

でも組織で仕事をしていますので、その一員としては最低限の勉強はして欲しい。

「こんなことも知らないのか」という場面を見るにつけ、どうやら日常業務も「わからないまま」スル―しているのがありあり。



さて、こんな場合、どうしたらいいのでしょうか。


すらすら日記。は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。